Autodesk 123D ド素人の3D-CAD

フリーの3D CAD『Autodesk 123D』ダウンロードとインストール

Autodeskがフリーで提供している3D CAD 『123D』をダウンロードしてインストールしました。動画は3分以下に編集していますが、実際はインストールだけで20分程度掛かっています。聞くところによると環境によっては1時間程度インストールに時間がかかることもあるそうです。

なお、123Dのインストールの途中でキャンセルはできません。強制的にインストールをキャンセルする場合はタスクマネージャーよりプロセス終了させることになります。ド素人の3D-CADはインストールの時間が掛かり過ぎ、次の予定があったためこの方法で強制終了させたことがあります。(問題はありませんでしたが、常に問題がないとは判断できないのでオススメしません・・・)

ダウンロードにはAutodesk 123Dのサイトでユーザーアカウント登録する必要があります。登録するとすぐにダウンロードが始まります。インストールはややこしいことはなく簡単にできました。(ただ、時間が掛かりますが、)

Autodesk 123Dのダウンロードはこちら

Autodesk 123D に必要なPCのインストール要件は、次の通りです。

  • Windows 7 (32-bit or 64-bit), Windows Vista (32-bit or 64-bit),
    Windows XP Professional または Home Edition (SP3),
    Windows XP Professional x64 Edition (SP2),
    Windows Server 2008
  • Intel Pentium 4 または AMD Athlon 64 とそれ以降の2 GHz以上
  • 1+ GB RAM (512 MB minimum)
  • 1.5GB以上のディスクの空きスペース
  • Direct3D 9 or 10 64MB以上のグラフィックサポート
  • インターネット接続(インストール中にもダウンロードされるようです)

なお、この動画でインストールした Autodesk 123D のバージョンはベータ7になります。

Autodesk 123Dは、メインとなる3D CADの他、評判になっている写真から3Dを起こす『123D Catch』や3Dデータから模型を作るため(手作りラピッドプロトタイプ?)の『123D Make』、そしてiPadで3Dモデリングするための『123D Sculpt』なんてのもあるようです。試していませんが、とても興味深いです。

3D CADの123Dは、ダウンロード後まだあまり試していませんが、今までの3D CADとは異なり、コマンド表示が美しく操作性向上しスピードあるモデリングが可能かなと感じました。最近はフリーで使用できる3D CADが増えて、ユーザーとしては嬉しいですね。 ぜひあなたもフリーの3D CADをトライしてみてください。 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。