無料3D-CAD(3次元CAD)Alibre Design Xpressで正六角形を3D化する ド素人の3D-CAD

無料3D-CAD(3次元CAD)Alibre Design Xpressで正六角形を3D化する

無料3d-CAD(3次元CAD) Alibre Design Xpress で正六角形のモデリング

無料3D-CAD(3次元CAD)のAlibre Desin Xpress を使って正六角柱をモデリング。

前回、無料3D-CAD(3次元CAD)のOneSpace Modeling PEで正六角形のスケッチの方法で解説しましたが、単純に正六角形をスケッチするのは問題ないのですが、正六角形を3D(立体)化するとなると、あまり好ましくありません。

そこで、今回は無料3D-CAD(3次元CAD)のAlibre Desin Xpress を使って、ド素人の3D-CAD流のモデリングを動画にてお届け。

(1)スケッチ平面の設定

右側のツールバーの「2Dスケッチをアクティブにする」アイコンをクリックします。するとワークスペース(3Dが表示される部分)の上にツールバーが表示されます。(このツールバーでの操作は必要ありません)

ワークスペースまたは、左側のデザインエクスプローラーから「XY平面」を指定します。

参考までに、「2Dスケッチをアクティブにする」アイコンをクリック操作は省略して、線などのアイコンをクリックしても、スケッチ平面を指定する事ができます。

 

(2)三角形をスケッチ

 右側のツールバーの「線」のアイコンをクリックします。描き始める点をクリックし、線の終点でも再度クリックします。

原点から三角形を大まかに描きます。この時点で直線の長さや角度などは気にする必要ありません。

三角形を描き終わっても、アイコンから線が続いて伸びていますが、再度「線」のアイコンを押せば線が解除されます。

これはキーボードの「Esc」を押しても同様に解除されます。また、「線」のアイコンをクリックせず、そのまま次の作業アイコンから次の作業に移ることもできます。線の終点をクリックする時、ダブルクリックすることでも解除できます。

 

(3)三角形に寸法を挿入

次に「寸法」アイコンをクリックします。寸法を指定したい線の上でクリックします。すると寸法線が出ますので、程よい位置に寸歩線をクリックし配置します。(線に対して、マウスの位置により寸法を入れる向きが変わります。)

寸法線を配置すると、寸法を入力するボックスが表示されるので、ここに寸法を入力しキーボードの「Enter」キーを押します。

角度の寸法線を入れ場合は、角度を構成する2つの直線を指定します。これで角度の寸法線になります。

三角形が定義されると、寸法の入力ボックスは表示されず、寸法はカッコ付けで表示されます。(定義済みの寸法線を入れる必要はありません。)

 

(4)ボスを押し出し

 三角形の寸法の入力が終わったら、右側のツールバーより「ボスを押し出す」をクリックします。

「ボスの押し出し」を指定するウィンドウが表示されますので、深さを指定し「OK」ボタンを押します。

これで、正三角形が立体(3D)となりました。

 

(5)フィーチャー円形配列

正六角形の立体(3D)とする為に、右側のツールバーの「フィチャー線形配列」の下の部分の「オプション」をクリックして「フィーチャー円形配列」をクリックします。(「フィーチャー円形配列」がツールバーに表示されている事もあります。)

 フィーチャー円形配列のウィンドウが開くので、配列するフィーチャーをワークスペース、またはデザインエクスプローラーの「押し出し<1>」を指定します。

次に、フィーチャー円形配列のウィンドウより、「中心」の入力項目をクリックし、円形配列する中心軸となる部分を指定します。ワークスペースの立体のエッジを指定します。

次に、「角度」を指定します。今回は正六角形は正三角形が6個で構成されるので、360度÷60度(三角形の角度)=60度(配列する角度)となるので、「60」と入力します。

そして「配列数」を指定します。正六角形は正三角形を6個配列します。よって「6」と入力します。(角度を入力する前に配列数を指定してもOK)

そして、「OK」ボタンを押します。

どうです? 正六角形の立体(3D)、正六角柱になりましたか?

 

(6)平面と軸を非表示にする

おまけですが、折角なので余分な平面と軸を非表示にします。

デザインエクスプローラーの、それぞれの「平面」や「軸」の上で右クリックのメニューから「非表示」を選択すると、ワークスペースの平面と軸が非表示となります。

 

 

今回のモデリングのポイントは、スケッチする際に一度に正六角形をスケッチするのではなく、正三角形を3D(立体)化してから、立体をコピー(今回はフィーチャー円形配列)にて正六角柱をつくりました。

OneSpace Modeling などのノンヒストリー・タイプの3D-CAD(3次元CAD)では、あまり影響は無いのかもしれませんが、2D(2次元)のスケッチを3D(3次元)にするのはコンピュータに負担がかかります。

極端な話、100本とか線の非常多い2D(2次元)のスケッチを3D(3次元)にする事をイメージして下さい。かなりコンピュータに負担がかかるのがイメージできませんか?(実際に試しても良いかもしれませんが、低スペックのコンピュータはフリーズするかもしれません)

こんな風にイメージするとノンヒストリー・タイプの3D-CAD(3次元CAD)でも影響ありそうです。

また、実際の設計では出来上がったデータを別の形式(STEP,IGESなど)に変換する事が多々ありますが、一つのスケッチに多量の線を含むデータと、一つのスケッチに含む線が少ないデータでは、データ品質が、かなり変わってきます。一つ一つのスケッチに線を多く含むデータは、上手く変換できない事が非常に多い。 (CADの性能だけではないんですよ。)

たまに、設計中は問題なかったのにデータを再構築したら、データが戻らないなんて事も。。。

CADによっては、便利なコマンドで簡単な操作で多角形をスケッチできる機能があるので、設計業務で時間に追われているときなんかは、目先の便利な機能に頼ってしまって、後でデータ修正に多大な時間を費やす事が多い多い。。。

ここでおさらい
ド素人の3D-CAD流のモデリングは

「3D-CAD、スケッチの線は4本まで。」

 

関連記事

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(1) 

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(2)

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(3)

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(4)

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(5)

無料3次元CAD(3D-CAD) OneSpace Modeling PEで正六角形を描く(6)

無料3D-CAD(3次元CAD)ALIBRE DESIGN Xpress 正式配布



このトピック関連のコメント掲示板
  1. syohdaTD ( 2008年03月04日 16:32 )
    有難う御座います。 前回の正攻法で無い理由がホンの少しだけ分かった様な気がします。
    実のところ、「ノンヒストリー」の意味すら良く分かっていないものですから (^-^;

    お陰さまで、実は私はその後 OneSpace Modeling を使ってボルトのネジ部まで3D化することが出来ました。
    2Dでは描ききれない、ネジの形状が一瞬で描けた時は感激しました。
    それにしても、3Dは難しいです。 3D空間では同一点であっても、ワークプレーンが異なれば認識できないのですね!? (ワークプレーン毎に点を付けなければ描けませんでした)
  2. ド素人の3D−CAD ( 2008年03月11日 09:00 )
    syohdaTDさん

    3D-CAD(3次元CAD)で想像していた形を
    立体(3D)化することができたときは、
    本当に感動しますね。

    また、それが試作品であれ現実の物として形になったとき、
    そして、製品として売り出された時の
    感動も忘れられないものです。

    思わず3D-CAD(3次元CAD)のデータと、
    製品をにらめっこしたりして。。。

    3D-CAD(3次元CAD)のスケッチでは、
    基本的には同一ワークプレーン内のものを立体にします。

    しかし、3D-CAD(3次元CAD)の種類によっては、
    3Dスケッチ可能なものもあります。
    これは、スイープなどのコマンドを利用する時に
    使うと便利な事もあります。

    2次元CAD図面と3D-CAD(3次元CAD)では、
    考え方が異なりますので、発想の転換が必要かもしれません。

    2次元CADから3D-CAD(3次元CAD)に移行できない人は、
    どうやら、この辺りの発想の転換で
    つまづいてしまうようです。

    2次元CAD図面では、省略やごまかしができますが、
    3D-CAD(3次元CAD)では、
    正確に立体にすることができないと、
    先に進めません。
    3D-CAD(3次元CAD)で(3D)立体にする事のできないものは、
    現実の世界でも3D化(立体化)にする事は困難です。

    2次元CAD図面での、ものづくりは
    現実の物でも、ごまかしがあったということですね。。。



    参考にしていただけたようで、
    大変嬉しく思います。

    また疑問点を解決できるような
    記事をアップしていきます。


  3. あやね ( 2008年03月26日 02:25 )
    初めまして、あやねといいます。
    OneSpace Modelingが、初めての3次元CADですが、操作が慣れると楽しいですね。
    動画の手順が、寸法やエッジの箇所が、参考になりました。
    慌てて、高校の数学のサイトの公式とかを、もう一度見直してきました。
    無謀にも、前回の6角形の2Dのスケッチから、3D作りを試してみましたが、途中の保管直後に、パソコンがフリーズしてやばかったですが、試行錯誤に悪戦苦闘して、完成まで、かなり手間がかかりました
    2次元スケッチで3Dおこしが無理な理由がよくわかりました。懲りましたorz

  4. ド素人の3D-CAD ( 2008年03月26日 12:12 )
    あやねさん

    はじめまして、こんにちは。
    3次元CAD(3D-CAD)の操作を覚えると、本当に楽しいですね。

    一つのスケッチが複雑ですと、パソコンがフリーズしやすいですね。

    3次元CAD(3D-CAD)を生業とする企業では、
    ワークステーションと呼ばれる、
    50万円以上もするデスクトップ・パソコンを使っていたりします。

    ハイスペックのパソコンを使っていると、
    気づかないモデリングの問題も、
    ハイスペックのパソコンを導入できない個人ならでは、
    モデリングのテクニックを身につける事ができます。

    参考になったようで、非常に嬉しいです。
    ありがとうございます。
  5. ザッピング運営事務局 ( 2008年11月27日 17:20 )
    ザッピングのブログパーツに関しまして

    現在、
    ザッピングの旧アドレスのブログパーツを貼っているブログ・サイト様につきまして、
    他のページにリダイレクトされるという現象が起きております。

    こちらは、ブログウォッチャー社における、内外の要因によって、
    旧ドメインが失効してしまい、
    第三者に取得されてしまっていることが原因です。

    ザッピングのタグを貼っていただいているユーザー様、
    またブログプロバイダの方に
    多大なご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。

    この現象を避ける方法といたしましては

    thatsping.comが含まれているタグの除去

    もしくは

    現在のthatsping.comのタグを以下のタグに変更
    が必要となります。

    http://thatsping.jp/tagcode

    上記サイトに新たなタグ情報が記載されておりますので、
    ご確認いただけると幸いです。

    ユーザーの皆様には大変お手数をおかけしてしまうことになりますが
    何とぞご対応いただければと思います。

    現在、ブログのコメント欄等を通して、ユーザー様一人一人への告知を人力にて行っております。
    また、
    http://shooti.jp/otoiawase.html
    からお問い合わせ頂ければ、個別にご対応いたします。

    新たな情報が入り次第、随時、
    弊社コーポレートサイト http://www.blogwatcher.co.jp/
    ザッピング http://thatsping.jp/
    にて告知を行わせて頂きます。

    ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。
    今後とも「ザッピング」を何卒宜しくお願い致します。
  6. nu ( 2009年05月16日 00:01 )
    質問よろしいでしょうか?
    ctrl+中央ボタンで回転します。
    そのあと正面を向かす?(新規で書き始める画面の向き?)にはどうしたらいいんでしょうか?
    宜しく御願いします。
  7. null ( 2009年11月05日 14:28 )
    > 前回、無料3D-CAD(3次元CAD)のOneSpace Modeling PEで正六角形のスケッチの方法で解説しましたが、単純に正六角形をスケッチするのは問題ないのですが、正六角形を3D(立体)化するとなると、あまり好ましくありません。
    あまり好ましくないとは、どういった理由からでしょうか?
    前回同様六角形を作図した後、押し出しても六角柱は作図出来ると思います
    どのような違いがありますか?

    > そのあと正面を向かす?(新規で書き始める画面の向き?)にはどうしたらいいんでしょうか?
    メニューバーの[ビュー]→[ビュー方向]→[ビュー:カレントWP&フィット]
    これで初期位置(?)に戻ります
  8. ド素人の3D-CAD ( 2009年11月05日 21:10 )
    nullさん

    大変、良い質問ありがとうございます。

    ご指摘の通り、六角形のスケッチを押し出して六角柱(3D化)する事はできます。

    また、実際の設計で六角柱をモデリングする機会は少ないと思いまが、3DCADでバリバリ設計している人でも、六角形のスケッチをそのまま押し出す人は多いのではないかと思います。

    六角柱でなくとも、似たような考え方でモデリングしている方は、非常に多いです。

    六角形程度のスケッチですと、あまり実感する事は無いと思いますが、スケッチが複雑になるほど、コンピュータが内部で実行する計算が著しく複雑になります。

    例えて言えば、3本の線で描かれた三角形のスケッチを押し出すのと、1万本の線で描かれた一万角形(?)スケッチを押し出すのを想像してみてください。コンピュータに多大な負担が掛るのが想像できると思います。

    想像だけでは分かりづらい場合、実際に、三角形と多角形を押し出して試してみると分かると思います。(あまり多角形で実行するとコンピュータがハングアップすると思います。あくまで自己責任でお願いします。)

    実際のデザインでは、小さなスケッチの立体にした寄せ集めた複雑ものとなります。特に最近のデザインは、3DCADの発達もあり曲面を多用した美しいデザインです。よって、一つ一つのスケッチが少しでも複雑になると、複数のスケッチを一つ一つ立体化するのに、コンピュータに多大な負担を掛けることになります。

    いわゆる、3Dデータの品質が落ちた状態になります。データの品質が落ちると、低スペックのコンピュータでのモデリングのスピードは落ち、データ変換では、形状が崩れてしまうことになります。

    現在は、短期間での設計が主流ですが、徹夜して仕上げた設計データが、最終的にデータ品質が悪いため、データ変換に何日も掛るといった状況も良く見かけます。

    図形のスケッチで最低限、必要な線は3本となります。ですからスケッチ内には3本というのがベストですが、実際には3本のスケッチでは、手間が掛りすぎるので、一つのスケッチは4本以内の線で作図するのが好ましいです。

    データ品質を考えながら設計すると、スピード、時間、コスト削減にもつながります。

    下請けにモデリングを依頼したら、納品されたデータ品質が悪すぎるため、手直しに倍の時間が掛ったなんて事もありえます。(むしろ、そんなような事ばかりかもしれません・・・)

    お客さんも、データ品質まで理解している人は多くありませんので、データを上手く利用できないのは、ご自身の3DCADスキルが低いなんて思ってたりします。(下請けの人は、データ品質のことなど語りませんし、気にしていない人がほとんどです。)

    また、3DCADソフトの複雑な事ができる機能は、セールスポイントですし、コンピュータのスペックも上がっていますので、どうしても見落としがちです。

    時代によってデザインは、ソフトの限界、ハード(コンピュータ)の限界まで要求されますから、ド素人の3D−CAD(3次元CAD)設計を読んでいる、優秀な読者さんは是非、データ品質まで考えて設計デザイン、モデリングに取り組んでくださいね。

    追伸、nuさんのコメントへの回答ありがとうございます。
  9. 48946 ( 2009年12月12日 10:14 )
    最近3DCADを始めたので色々なソフトを試しています
    Cocreateから流れてきたのですがソリッドワークスを少し習ったのでAlibre Design Xpressの方が使いやすいです
    で、問題なのですが
    アセンブリで拘束をかけようとすると
    com.alibre.design.ops.Operation TargetProxy$ConstraintTargetUnavailableException:ターゲットは既に使用できません
    と警告されて何も出来ません
    チュートリアルどうりに仕手も出来ません
    どうなっているのでしょう?
  10. 名無しの48946 ( 2009年12月12日 15:42 )
    どこに書いたのか分からなくなったので
    別のところにもまた書き込みしちゃいました
    御免なさい
  11. ド素人の3D-CAD ( 2009年12月13日 23:17 )
    48946さん
    (名無しの48946さん)

    SolidWorksとAlibre Designは、同じヒストリー系の3D-CADですから、馴染みやすいですね。

    アッセンブリでの拘束が上手くいかないという件、下記のページコメントに返信しておきました。
    http://3dcad.seesaa.net/article/10828290.html

    ご確認ください。
  12. gree 攻略 ( 2010年03月31日 14:22 )
    初めまして
    これからも拝見させて頂きますね。
    楽しみにしています。
  13. ド素人の3D-CAD ( 2010年04月01日 17:05 )
    gree攻略さん

    初めまして。
    楽しんで頂けるような3D-CADに関する記事をアップしていきます。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。