Microsoft VM のアンインストール ド素人の3D-CAD

Microsoft VM のアンインストール

Microsoft VM (Microsft Java Virtual Machine)のアンインストーラーは
今のところ無いようなので、手動でアンインストールする事になる。

アンインストールするのは、Microsoft VM が必要なくなった時と
何かの拍子でMicrosoft VM が壊れてしまい、
再インストールする必要になった時くらいだ。

無料3D-CAD(3次元CAD)のAlibre Design Xpress では、Microsoft VM を必要としていたが、
後で必要なくなった時のためにアンインストールの方法を記す。

なお、通常は Microsoft VM は必要が無い限りインストールする必要は無い。
Microsoft VM は既にサポートが終了しているので、
通常は Sun Microsystems の Java をインストールしたい。

Sun Microsystems の Java のダウンロード

Microsoft VM のアンインストール方法は下記の通り。

1. 「スタート」-> 「ファイル名を指定して実行」をクリック。

2. 下記の通り入力し実行する。
 RunDll32 advpack.dll,LaunchINFSection java.inf,UnInstall
 
3. 「Microsoft VM uninstall」ダイアログボックスが表示されるので
 「はい」を選択し実行。

4. 指示にしたがい、コンピュータを再起動する。
 再インストールの場合は、ここまで実行したら Microsoft VM をインストールして終了。

5. 本格的にアンインストールする場合は、下記のフォルダを開く。
 Windows XP の場合  C:\WINNT
 Windows 2000 の場合 C:\WINDOWS

6. 下記のファイルまたはフォルダを削除する。
 *「java」 フォルダ
 *「inf」フォルダの中の「java.PNF」ファイル
 *「system32」フォルダの中の「jview.exe」 および 「wjview.exe」 ファイル
 なお、これから先はレジストリをいじるので、ここで終わりにしておいた方が無難。

7. 次に「スタート」->「ファイル名を指定して実行」をクリック。

8. 「regedit」と入力し「レジストリエディタ」を起動する。
 なお、レジストリを誤っていじるとOSが起動しなくなる事もあるので
 十分注意し自己責任にて行うこと。

9. 下記のレジストリフォルダに移動する。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Java VM

10. 「Java VM」 レジストリキーを削除する。

11. 次に下記のレジストリフォルダに移動する。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\AdvancedOptions\JAVA_VM

12. 「JAVA_VM」 レジストリキーを削除する。

これで、Microsoft VM のアンインストールは完了。

 



このトピック関連のコメント掲示板
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。